2014年4月22日火曜日

サイクルキャリア取付

4月20日

 hobbyにサイクルキャリアを取り付けました。キャリア自体は去年の10月頃に購入していましたが、暖かくなってから取り付けようと思っていたのと、リアが重たくなると、スネーキングの一因になるようなので躊躇していました。

 大分前にサイクルキャリアを取り付けるかもと、バッテリー関係はフロントへ移設していましたが、水タンクが後ろなので少し不安でしたが、ヘッド車が変わり、多少不安は解消されたので今回取付に踏み切りました。

 選んだサイクルキャリアはオムニバイクです。プラスチックのパーツが青くてhobbyとの色目も丁度良いと選んでいました。しかし開けてびっくり、プラスチックの色が黒になっていました。そういえば購入するときにthuleになってどうたらこうたらお店の人が言っていた様な。。。今更仕方ありません。
 


 説明書を読むと、最初に下部ブラケットを取り付けて、それから上部ブラケットを取り付けるようになっていますが、うちのhobbyの場合、上の位置が決まっているので、本体を仮組し、上部を取り付けて、下部ブラケットを取り付けました。

去年参加したトーザイアテオのオーナーズ大会でサイクルキャリアを取り付けられている方がいたので、取付位置を参考にさせてもらいました。



  

 穴あけも何度もやっているので、躊躇することなく取り付け。フレームを取り付けてコーキングを乾かします。(汚い。。。)


 そして、キャリア本体を取り付けます。これで作業は終了です。


 自転車も載せてみました。少し手で揺らしてみると、下部ブラケット周辺のボディがふわふわしています。ここはベニヤ板だけなので弱いです。実際に道路を走るともっと激しい衝撃があると思うので、改良が必要です。

 あと、折り畳み自転車の様な、フレームが一本物の自転車は積載できそうにありません。我が家の折り畳み自転車は無理でした。


 ついでにスタッドレスからノーマルタイヤに交換し、グリスアップも行いました。

  
 後日、下部ブラケットの補強を行いました。用意した部材は40㎜のアルミアングルです。これをボディ内側に取り付けました。外からも当てた方が良いのでしょうが、恰好悪いのでやめました。接地面積が増えるのと、L型なので外から押されても多少は効き目があるんじゃないでしょうか。まぁ無いよりマシなレベルだと思いますが、、、。

 今週末は、年末年始以来の2連休なので、蒜山辺りでボケーっとします! せっかくなので、自転車も積んで行ってみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿