2013年12月20日金曜日

ロックナットのその後とリアフォグ配線

12月15日

 この週末は、お誘い頂いていたトレーラー仲間の忘年会があり楽しみにしていたのですが、スタッドレスの件で残念ながら不参加になってしまいました。

 そして、心配していたロックナットソケットのその後。金曜日にトヨペットから電話があり、在庫が無いので、ソケットが用意ができませんとの事。メーカーからマスターを借りるので日曜日に来てほしいと連絡がありました。おいおい大丈夫かよ~。
 


 迎えた日曜日。4時に起床。せっかく早く起きたので、前々からやろうやろうと思って踏ん切りがつかなかったhobbyのリアフォグの配線追加を行いました。
 年末年始は信州でスキーの予定なので道中吹雪いたりしたときにリアフォグは有効なはず。。。
 色々考えた結果、ハリアーのフォグランプを点灯したらhobbyのリアフォグも点灯するように配線し、かつ、リアフォグだけon/off出来るようにスイッチを付けました。スイッチは運転しながら操作できるよう、油の蓋を開けるスイッチの横に取り付け。


 ビフォー。(まだ夜が明けてないわけではなく、夜になって動作を再確認。)


 アフター。良い感じです。これで、吹雪きや大雨でも後続車からの視認性は上がったはず。なんやかんやで配線追加作業は10時過ぎ頃までかかってしまいました。
 
 それから、旅行準備のためモンベルで買物をし、親族へ年末の挨拶回りを行い、夕方トヨペットへピットイン。
 


 緩めるついでにスタッドレスに交換してくださいと受付のお姉さんにお願いしました。小一時間たってようやく作業開始。作業を少し見させてもらいましたが、固くて回らなさそう。「固いですね・・・」とメカニックの方も困り顔。なんやかんやで1時間程作業してもらったでしょうか。ハリアーがピットから出てきました。

 するとタイヤがスタッドレスに変わっていません!うわー。緩まんで諦めたんじゃ~。年末年始行けれんわー。と思いましたが、なんとか緩みました。ってなんでスタッドレスに変わってないの?
 どうやら連絡ミスでサービスに伝わっていなかったみたい。まぁ緩んだし、時間も遅かったので、スタッドレス交換はまた後日自分でする事にして帰路につきました。



 何故今回こんなにナットが固かったのか色々調べてみると、焼き付きというナットが熱を持ちボルトと固着してしまう事があると知りました。
 おそらくは締め付け過ぎとhobbyを牽引してのブレーキングでハリアーのブレーキが熱を持ってナットが固着したんじゃないかなと推測。

 またこんな事があったら面倒くさいので、焼きつき防止剤なるものを探し回りましたが発見出来ませんでした。仕方がないので、クレから出ているそれっぽい物を購入しました。

 牽引していると色々考えつかない事が起こります。みなさんもお気をつけて~。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿