2013年7月10日水曜日

k子さんの手術

7月4日

大台を迎えたk子さんに、乳がんや子宮がんの無料検診のお知らせがやってきました。
健康診断と合わせて行って来たらということで、市民病院で検診をすると、なんとポリープが発見されました。でも外来で切除できるので、その時にという話で一安心していました。

後日外来で診察してもらうと、大きすぎて取れないので手術になりますとの事。大きいとか小さいとかぐらい検診の時にわかるじゃろー。と思いましたが仕方ありません。


手術当日、この日は僕も会社を休み、早朝から掃除、洗濯を済ませ、子供を幼稚園に送った足で病院へ行きました。手術は午後からでしたので、午前中はのんびり病室で待機です。


手術完了後。手術時間は15分程度で終了しました。術後、主治医の先生から説明を受け、摘出したポリープを見せてもらいましたが、結構デカくてびっくりしました。主治医の先生から、「麻酔が途中で切れちゃって本当にごめんなさい」と言われて2度びっくり。「アルコールに強い人は静脈麻酔の効きが弱いんですが、奥さんそうなんですね」だって。

その事をk子さんに聞くと、最初は寝てたけど、ふっと気が付いたら「痛い!!」っと。「看護士さんがもうすぐ終わるからねって教えてくれたけど、ありえないよね。」と。確かにありえないわな。

退院前に再度主治医の先生から説明と謝罪を受け(笑)。とりあえず今日はビールは飲まないでくださいね。と注意事項も聞き無事退院できました。




晩御飯は、がんばったk子さんの慰労に近くの仕出し屋さんのお弁当を買って帰りました。案の定ビールに手を出したk子さん。
それはもうアルコールに強いんじゃなくてアル中です。まぁ元気になってよかったという事にしておきましょう。

今日、(7月10日)術後の診察及びポリープの病理検査の結果を聞きに行ったみたいですが、陰性で無くて一安心しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿