2013年5月14日火曜日

我が家の劇的ビフォーアフター!


数年前に下水道が開通した我が町内会。
色々な諸事情から我が家とお隣さんだけ下水道が来ていませんでした。
という訳で、○ットン便所だったのですが、いつまでもこのままでは困るという事で、去年の秋口から町内会の会長、副会長、土木水利委員さんを交え、市の下水道参与と担当係員さんとで5回ほど検討を重ねてきました。


色々な方法があって、市の方も知恵を絞ってくれていましたが、お隣さんが早々に下水道はいらないと言って離脱。

2軒なら、お互いの宅地まで市の負担で取り付け枡が設置される制度があったのですが、それがダメとなってしまいました。


あーでもないこーでもないと検討を重ねることと5ヶ月。ようやく市も当方も納得できる形で下水道の敷設が決まりました。

下水道の繋ぎ込みは地元の水道屋さんへ依頼。トイレのリフォームはk子さんの友達のご主人にお願いしました。(以前のブログで新築見学会をされていた方です。)

市が下水道工事を発注し、工事の完了が3月末でしたので、そこから我が家の下水道工事が始まりました。




まずはビフォー。

下の写真の窓の奥は何故か増築してあり、さらに窓があります。




まずは、取付枡から配管を宅地へ延長します。




今回はトイレを1つずつリフォームし、生活に支障が無い様に工事をしてもらいました。






まずは1つ目アフター。ここはちょっとのリフォームで済ませました。ちなみに床は子供が選んだhobbyのような柄のクッションフロアです。
こっちはウォシュレットは元々付いていたものを流用したので、あんあり変わり映えが無いですね。





台所、風呂なのど排水接続。家と擁壁の間が狭いので人力掘削です。大変だー。
しかも全部勾配を今と逆の方向で付け直します。




そして、もう1つのトイレも解体が始まりました。
壁は土と竹を編んでいます。大工さん曰く、今ではもうこれができる職人さんが少ないとか。
最近の家より、日本の風土にあってこっちの方が家が長持ちするらしいです。
でも夏はまぁ涼しい。冬はめっちゃ寒いので、まぁ、、、なんというか、見方で大分意見も変わりますね。






 このトイレのリフォームは大変でした。なにが大変かというとプラン固まっておらず、作業しながら床材や壁の模様や色などを決めて行きましたので、大工さんには少々面倒だったかもしれません。
k子さんの不機嫌の理由だった鏡も無事取付完了。あとは器具の取付と左官が入るだけです。




そして、2つ目アフター! 我ながら良いトイレになりました。
左官もいい感じに仕上がり、色の配色もイメージ通りです。トイレに鏡なんか置いて誰が見るんじゃ?と思いましたが、まぁ雰囲気が出て良いかな?水栓も自動です。居酒屋チックです。







他にも、床下の換気改善や外壁塗装および戸袋塗装もついでにお願いしました。
なんやかんやで大工工事の方は当初の見積りより高くなってしまいましたが、全体的には格安で施工してくれました。その変わりK子さんが、ふすまなんかを張り替えていましたが!

仕上がりも大満足、衛生的にも良くなりました。ただ、今まで○っとんで水を流さなかったせいか、水洗トイレだと水がジャージャー出るので水がとっても勿体ない気がします。。。

町内会長をはじめ役所の方も色々お世話になりました。有り難うございました。
色々リフォームしたいですが、お金が~~! とりあえず一つずつ順番にですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿