2013年5月29日水曜日

我が家の劇的ビフォーアフター!パート2

初代トレーラーアドリア390DSを最初に購入したとき、我が家には置けず自分の実家に停めていました。しかし片道40分くらいかかるので、非常に面倒でした。

幸い我が家の周りは所有の畑でしたので、一念発起して造成をしたのが約2年前です。
施工は自社でしたので格安でした。

2年ほど経ち、地が落ち着いてきました。造成時すでにトレーラーの大型化も見越していたので、進入部の幅は倍以上の広さを確保していましたが、その部分もかなり下がり、ガクンと段がつくほどでした。

また、道路からの雨水もすべて庭へ流れ込んでいましたので、排水溝延長と進入路の再舗装、沈んだ箇所の盛土をすることにしました。

今回の施工は会社で付き合いのある前田道路さん。特値でして頂きました。




まずは施工前、造成前は手前の擁壁(水路の入っている長さ)までしかありませんでした。
今回はこれを延長し、きちんと雨水が排水溝へ流れるようにしました。


工事代金を安くしてくれる代わりに、擁壁の一部を壊しておかなければいけませんでした。
会社からチョンボを借りてきて破壊!


重機を借りたついでに、車庫前を少し小奇麗にしておこうと思い、延べ石敷設と植木を移植。


この段差も今回解消します。


排水溝の敷設工事。
たまに大型ダンプで帰ることがあるので、乗っても大丈夫なものにしてもらいました。


そして完成です。


段差も解消されました。スロープも緩くなったので、いつもhobbyのお尻が擦りそうだったのが解消されました。

きっちりと淵まで転圧してくれています。舗装はこういう淵が剥がれ易いのです。
1晩はしっかりと養生ですが、しっかりと落ち着くまではこの上で止まったままハンドルを切るのは禁止です。
前回の造成工事時、生協のトラックがタイヤを空転させて出て行ったので、当分入ってこないでとお願いしました。

ひとまず気になっていた進入路も梅雨時期までに奇麗になったので一安心です。
もう1つ気になるところがあるのですが、これは自分で施工しようかな。

また後日、パート3をお楽しみに。



0 件のコメント:

コメントを投稿